しあわせ

【アラフィフ同窓会】今なら分かる「恋人よ」のつらさ!【期待と不安の答え合わせ】

【アラフィフ同窓会】今なら分かる「恋人よ」のつらさ!【期待と不安の答え合わせ】Photo by Edu Carvalho from Pexels

アラフィフになった今、小さいころに聴いた歌謡曲がなつかしくて仕方がない。

「恋人よ」五輪真弓さんの曲をひさしぶりに聴いたら、なぜだか釘付けになってしまった・・

この気持ちをどのように扱ったらいいのか?
教えてほしい!

アラフィフになったわたしは、最近、何とはなしに「恋人よ」五輪真弓さんの曲を聴きました。

そしたら思いもよらず涙が止まらず・・不思議に思ったのです。

はにか
はにか
ひさしぶりに聴いたら、忘れていた感情が突然こみあげてきたみたい・・
キーウィ
キーウィ
小さいころに聴いた曲には、思い出がいっしょに詰まってる!気持ちを整理してみよう

 

この記事を読んでわかること

「恋人よ」を初めて聴いたときってどんなだった?

【アラフィフ同窓会】今よみがえる期待と不安!そのつらさの答え合わせ

 

【アラフィフ同窓会】今なら分かる「恋人よ」のつらさ!【期待と不安の答え合わせ】

「恋人よ」五輪真弓さん曲をご存じですか?

わたしが初めてこの曲を聴いたのは、ザ・ベストテンでの中継シーンでした。

まだ小学2年生だったのですが、記憶に残っています。

映像を探してみたんですが、見つからず・・

イメージでは、冷たい木枯らしの吹く木々の中、たたずんで歌う彼女のすがたです

 

 

「恋人よ」の寂しさが呼びよこす「期待と不安」

その頃わたしが感じたのは、

「いつかこの気持ちがわかるときが来るんだろうか?」

という、「期待と不安」が入り混じった感覚でした。

大人になったら、恋人とかできて「恋焦がれる気持ち」を知ることになるのだろうか・・

という淡い期待と、

 

でも、こんな淋しくてつらい気持ちに包まれる時も、やってくるのだろうか?

という漠然とした不安。

「恋人よ」の突然の別れへの疑問

歌詞にこのような一節があります。

恋人よ そばにいて
こごえる私のそばにいてよ
そしてひとこと
この別ればなしが
冗談だよと
笑ってほしい

小さかったわたしがおもったのは、

恋人同士になってお互い良く知った仲になっても、

突然別れって、やってくるものなんだ・・

 

別れを予感できないなんて・・
いっしょにいたら、そんなこと事前に察知できないものなのか?

素朴な疑問と同時に、
大人になって、恋をしたらそんな悲しいことが待ち受けているのか・・

少し、身震いしたのを憶えています。

 

アラフィフになってから聴く「恋人よ」【期待と不安の合わせ】

アラフィフとなったわたしが、この動画を目にしたときに感じたのは、

「あぁ、そうだったねやっぱり・・」

でした。

大人になるということが、まだどんなことか分からなかった少女時代。

まだ知らないから、無邪気な期待ができた。
でも、同時に感じた漠然としていた不安は、ふたを開けてみたら、
想像以上に大正解でした・・

アラフィフになったからわかる「恋人よ」の本当のつらさ

アラフィフ世代ともなると、いろんな出会いや別れをがあったかとおもいます。

別れというのは、出会いがあって仲を深める時間を経過して存在するもの。

関係が深ければ深いほど、特別なものであればあるほど、

別れの悲しみははかり知れなく辛くなる

まだそんな世界を知らないころのわたしは、知る由もなかった。

でも予感はあった。
そしてその予感は、大的中の大正解だった・・

 

アラフィフとなったら「恋人よ」で呼び起こされる思い出

知らないほうがどんなにしあわせだったのか・・

大人になって、

恋人ができると天国にいるような気分になる、

でも

別れとなれば、地獄へ真っ下かさま・・

 

この一曲で、いままでのいろんな思い出が、まさに走馬灯のようによみがえってしまう。

若いころの過ちや、もっと大人になってからの清算すべき関係。

関係が少しうまくいかなくなって、どうしようと少し不安でも、

それを認めたくないから、平気な振りでやり過ごした・・

そんなときに、別れを切り出されたら、

予感はあったのに

そんな「突然」と言い、
「冗談だよ」と笑ってと懇願してしまう・・


大人になったわたしは、この曲のように突然の別れをやっぱり経験したひとりです。

とめどなくあふれてくる記憶は、

「知らなかったね、こんな辛いものだったなんて・・」

少女時代に抱いた「期待と不安」をやさしく抱きとめてくれます。

 

「恋人よ」の真実

「恋人よ」五輪真弓さんの楽曲は、実話をもとに作られています。

彼女を支えたプロデューサーの死に、嘆き悲しむその奥様をみて、

五輪真弓さんが書き上げたもの

死も突然、恋人を奪います。

この曲を聴いたイメージとは違ったのですが、
いろんな別れがあるということですね。

 

その後、別の動画で彼女の人気曲を知りました。

1600万回の視聴回数は、ほんとうにすごいですね。
インドネシアで大人気なんだそうです。

ラジオ番組で流れたあと人気に火が付き、

第2の国歌と言われるほど世代を超えて歌い継がれているとのこと

「恋人よ」を聴いた後にこの曲を聴いて、なんとなくホッとしました。

 

信じ合う心さえどこかに忘れて
人は何故
過ぎた日の幸せ追いかける

愛はいつもララバイ
あなたが弱い時
ただ心の友と私を呼んで

 

過去のしあわせだったころは思い出にして、
いま目の前にいる相手を、たいせつに愛すること。

こんなやさしい曲をうたいあげる五輪真弓さん。
心が軽くなって救われた気がしました。

 

「恋人よ」のその後とこれから

「恋人よ」は五輪真弓さんから受け継がれて、いろんな歌手の方に歌われています。

美空ひばりさんや、八代亜紀さん、徳永英明さんなど。

でも私がいちばん心つかまれたのは、氷川きよしさんの「恋人よ」でした。

もう、五輪真弓さんの「恋人よ」ではなく、
彼の世界でいっぱいの「恋人よ」に、完全に塗り替えられています。

歌のうまさはもちろん120%完璧ですが、

この曲に対する遠慮のないのが好印象

 

氷川きよしさんは、最近演歌だけでなく、いろんなジャンルの楽曲に挑戦していますね。

名曲は心ある歌手によって、時代を超えて歌い継がれていく・・

わたしたちも
「昔なつかしの曲」をこころのバネにして、

「これから」をもっとたいせつにしていきたいものですね!

【アラフィフ同窓会】今なら分かる「恋人よ」のつらさ!【期待と不安の答え合わせ】のまとめ

【アラフィフ同窓会】今なら分かる「恋人よ」のつらさ!【期待と不安の答え合わせ】についていかがだったでしょうか?

重要ポイント!
  1. 「恋人よ」の寂しさが呼びよこす「期待と不安」
  2. 「恋人よ」の突然の別れへの疑問
  3. アラフィフになってから聴く「恋人よ」【期待と不安の合わせ】
  4. アラフィフになったからわかる「恋人よ」の本当のつらさ
  5. アラフィフとなったら「恋人よ」で呼び起こされる思い出
  6. 「恋人よ」の真実
  7. 「恋人よ」のその後とこれから

 

アラフィフになると、昔の曲が異様になつかしく、涙が出てくることがある。

「恋人よ」五輪真弓さんの曲には、子供の頃に抱いた大人の恋へのあこがれと不安がそのまま貼りついていて、それはそのまま現実となった!

想像以上につらかったけど、幼かった少女時代のわたしの気持ちはそのままに。

現在もこれからも、あたらしい関係性をたいせつにしていきたいですね。

というおはなしでした。

はにか
はにか
小さいころに聴いた曲ってほかにもたくさんあるんだよね~
キーウィ
キーウィ
それぞれにそれぞれの思い出がある。またほかの曲も思い出してみよう! 

以上、ここまでありがとうございました!

年下パートナーと出会えた!厳選アプリ5選!【全部無料】
【アラフィフ女子婚活】出会いの量と質を上げる!①国内VS海外アプリ併用法!Photo by Tim Mossholder from Pexels

年上婚活女子の皆さん!

「このまま独身でしあわせに暮らしていけるのか」

「若いときのように、男性から相手にされることはもうないんじゃないか?」

と不安な気持ちで悩んでいませんか?

「素敵な男性からオファーが一気に増えた!」

「本命のパートナーを選びとることができた!」

【年上女子婚活】年下パートナーと出会えた!無料婚活アプリ5選!をご紹介します!